和みの工房大樹(株) | 日本の伝統技術を活用するために設立されました 

【日本の伝統文化を見直しませんか?】和みの工房大樹(たいじゅ)のホームページです。

【日本の伝統文化】を見直しませんか?
和みの工房大樹(たいじゅ)からのご提案です。

設立趣旨

和みの工房大樹(たいじゅ)株式会社は、日本の伝統工芸を活用したご提案を目的に設立されました。
様々な分野での作品を企画・開発して『高度な技術を身近な価格で』ご提供することで、
日本の伝統文化の発展に寄与することを目的にしています。

会員特典

和みの工房大樹(たいじゅ)ご利用は誠にお手数ですが、会員登録をお願いいたします。
会員の方にはe-mailで作品などのご紹介をいたします。

メール配信

イベントや新商品の情報などのメール配信でお知らせいたします。

      

  

       

会員登録(無料です)はこちらから

和みの工房大樹(たいじゅ)のご案内

神社仏閣仕様ご案内

神社仏閣仕様ご案内

静岡県小規模企業経営力向上事業の認定を受けました。近年神社仏閣参拝の風潮の高まりにより御朱印帳などブームとなっています。神社仏閣向けにお守り等の既存品を販売する卸業者は存在いたしますが各神社のオリジナル商品開発に対応する業者はいないため、オリジナル商品に対する潜在的ニーズは非常に高いのですが、企画開発などの依頼ができない状態です。また残念ながら一部の神社仏閣の中には経営上、新たな収入源を求めているところも多い状態です。大樹は端材・小石等従来無価値とされてきた資材を原料としており同分野に新風を巻き起こすことができる企画開発のご提案ができます。

和みの工房大樹独自技術を生かした作品の販売

和みの工房大樹独自技術を生かした作品の販売

【日本の伝統文化を見直しませんか?】 【和み(なごみ)の工房大樹(たいじゅ)】からの提案です。 日本の装飾技術の発達は武家の刀装具から発展してまいりました。 彫金技術はやがて女性の装身具として活用され日本独自の発展をしました。他の国にない日本独自の文化を 現在の生活にあったデザインで甦らせる為に開発しています。  

思い出

お手元にある和服や帯地など活用ご案内

ご紹介するバッグやお財布、ペンケース、扇子入れなどは依頼のありました古い和服や 帯地から作られました。そのままではただの古着であっても、丁寧に手を加える事で役立つものになります。 『雑草という名前の草は無いのだよ』との昭和天皇のお言葉に深く感銘を受けました。 昭憲皇太后の御製にも『金剛石も磨かずば玉の光は沿わざらん  人も学びて後にこそ誠の徳は表わるれ・・・・・・如何なる業かならざらん』  この人の世に無駄なものは一つもない訳ですから、 物みなすべてに可能性が有ります。その想いで制作しました。 思いで深き不要と思われるものも日常の思い出としてお手元に置いてご活用されることのお手伝いができます。  ご贈答品、記念品にもご趣旨を沿えて贈り物としては如何でしょうか。  

庭の植木や思い出の古い柱などを利用した作品のご案内

ご紹介するペンは間伐材や剪定された枝、あるいは引越しの時の思い出の古柱などから様々な工程を経て作られました。そのままではただの端材であっても、丁寧に手を加える事で役立つものになります。

お子様の絵画やお好きな文字をポーチや財布に。

お子様の絵画をポーチやお財布にできます。またお好きな文字を刺繍してポーチやお財布にもできます。

会員登録はこちらから


ページ上部へ